ご挨拶

社長挨拶

私は小学生の頃より野球が好きで高校3年生まで野球をしておりました。
ですから、体は小さかったですが根性と負けん気は強かったと思います。 高校を卒業できましたが修学旅行に行けないくらい少し悪かったと思います。
いけなかった理由はたばこでしたがそんな私も札幌の北海道中央工学院専門学校に行くことになり、 一級建築士と司法書士を取りたいと強く思うようになりました。 成績は自分ではまあまあだったと思います。

2年間の専門学校(建築工学科)に在学中不動産業に興味を持ち、学生時代に宅地建物取引主任者の資格を取得しました。 不動産業に未練を残しながらも専門学校は卒業して、長男だから登別に戻ってほしいという母の思いを汲み登別市内の大手不動産会社に就職して現場監督をしておりました。

地元登別市で就職についた後すぐ二級建築士を取得しました。 高校生の時描いていた目標の一級建築士と司法書士は取れるな!なんて考えながら仕事をしていました。

しかしながら24歳で長女、25歳で二女を、そして独立28歳でしたが正直勉強しなくなりました。 その分JCに入り社会貢献や仕事でIT分野ホームページは多分胆振で一番早く作ったことを記憶しております。 この当時はホームページ上に掲載していただくために自宅でサイトの推薦依頼を掛けてタイトルや宣伝文章等を昔は何百字以内で、タイトルも何字以内でだとか結構厳しかったので大変でした。

バブル景気日本中が沸いていた時、ここ登別市室蘭市は新日鉄の高炉閉鎖で不景気で土地の価値もかなり下がりました。
こんな折に私は不景気な登別市で独立したのです。

昭和64年1月3日操業 昭和63年11月30日会社設立ですが 本当に大変でしたが数少ない従業員に支えられながら頑張ってきました。 最初は100万円銀行から借り入れるのもびくびくでした。 借入したら返済しなければならないのですから。
平成5年くらいから徐々に軌道に乗り始めた気がいたします。

転機は平成16年に北海道No.1の不動産会社常口アトムとのFC契約です。 様々なノウハウを吸収して翌年さらに2店目を登別市若草町にオープンいたしました。 賃貸部門の強化が目的でした。 その後徐々に管理戸数も増え、管理部門を立ち上げ現在では2700戸の管理戸数にまで増えました。

現在では室蘭、登別市では賃貸年間仲介件数、管理戸数は断トツのNo.1を自負しております。 また売買の仲介件数の関してもNo.1を自負しています。

一方、苫小牧の売買では平成25年弟をなくした年ですがハウスドゥとFC契約を締結して6月にハウスドゥ苫小牧東店をオープンさせました。 翌年と平成27年度ハウスドゥ全国大会において総合で準グランプリを2年続けて受賞いたしました。

仲介契約件数では毎年のように全国No.1を重ねて、昨年令和2年は弊社遠藤が受賞いたしました。 そして令和2年、2店舗となるハウスドゥ苫小牧西店、家不動産買取専門店をオープンさせました。 これにより胆振地区の不動産売買ではNo.1を自負しております。

今後は半分ボランティアのつもりで空き家相談所のショッピングセンター内の開設も視野に入れて、 様々な形で社会貢献をしたいと思っております。

どうぞこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

有限会社 山地不動産企画
代表取締役社長
山地 勝彦

社長略歴

1960年 北海道登別市生まれ
1980年 北海道中央工学院建築工学科卒業
1980年 宅地建物取引主任者 取得
1980年 二級建築士取得
1980年 (株)山本建設入社 以後5年間現場監督としてルスツリゾート社員寮や登別熊牧場、ヒグマ博物館等の大手建設会社の現場監督補助として建設に携わる。
室蘭においても数多くのビル建設を一人で現場監督として携わる。
1985年 (株)石井商事に入社。八丁平の宅地開発や不動産の基礎知識を丁稚奉公として2年半修行する。
1988年 (有)山地不動産企画設立
他業者よりもいち早くITに目をつけ、ホームページを胆振管内で最初に立ち上げOCNのWWW1という無料のOCNのプロバイダを借りて最初はホームページをUPしていました。
2004年 常口アトムFC 東室蘭店オープン 従業員23名体制へ
2005年 常口アトムFC 登別室蘭店オープン
2013年 ハウスドゥ苫小牧東店オープン
同年2月25日実弟を亡くしましたが自分自身を奮起させるためのオープンでもありました。
2020年 ハウスドゥ苫小牧西店 家不動産買取専門店オープン

経営理念