いつも山地不動産企画のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

9月に入り雨の日も少なくなり修繕した遊具の塗装工事が始まりました!

塗装前の工程“サビ落とし”から始まります

公園の遊具は常に雨ざらしなため錆が気になる状態になっていました。

一見、所々が少しサビているように見えますが、塗装の内部でも錆が発生して浮いた状態になっているため、そのまま上塗りをしてもすぐに剥がれてしまいます。そのため塗装の工程は、古い塗装と錆を剥がす作業からになります。

一見、ちょっとだけサビて見えます。でも色のついた部分の内側もサビているそうです

この錆を“スクレーパー”でガリガリと剥がす作業はとても大変そうでした。力も時間もかかります。残念なことに剥がすところを写真に撮りそびれました💦すみません…

下塗り用の錆止め

作業工程は、サビ落とし→錆止め下塗り→塗装 の順番になります。

↑下塗りされた遊具です→

錆止めが塗られたシーソーと鉄棒です。このままでもキレイに見えますが、これから色が塗られます。どんな仕上がりになるか楽しみです!