大雨の被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

いつも山地不動産企画のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

昨日はおとといから降り続いた大雨の影響により、幸町では市役所や飲食店などの浸水被害、
そして石川町の冠水による通行止めで伊達市への交通が寸断されるなど、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

昨日のお昼頃、新生町に住む姉から“トイレのつまりが直らない”…と助けを求めるように電話があり、
私も駆けつけてラバーカップで何度も押し出そうと試みましたが何十回やっても解消されず。

特に詰まるようなものも流していないと言うので、専門業者の知り合いに相談したところ、排水管に汚れが蓄積して流れにくくなっているのでは?と…。
そこで専用のクリーナーを買いにサンワに行ってみたら、その日はトイレ用の排水管クリーナーの問い合わせが殺到して売り切れているとのこと。

調べたところ原因はトイレの詰まりではなく【大雨】だったのです( ゚Д゚)

そんなことがあるんだ…と驚きました。(私が無知なだけかもしれませんが…)

大量の雨水が下水管に流れ込むと下水管が満水状態になり、宅内からの排水が処理できなくなってこのような現象が起こることがあるんだそうです。

下水管の太さは、最大排水量を想定して作られているそうですが、
最近の異常気象による記録的豪雨など“想定外”には対応しきれずに、マンホールから水が噴き出したり、
宅内ではトイレや浴室、洗濯機の排水溝などからの逆流が起こってしまうこともあるんだとか。

対処法を調べましたが、雨が落ち着くまで待つしかないようです。

今までそんな経験はなかったので、トイレの水が流れずに溢れれば【詰まった!!】と思い込んでしまいますが、こんな原因もあるようです…

\公式SNS フォローお待ちしています/